ユーザー事例TOPへ
【インターネットVPN】(Internet Virtual Private Network)
☆☆通信費などの経費削減でお悩みの皆さまに朗報です!!☆☆

今ご契約のインターネット回線を利用してFAXや電話、遠隔地での会議の経費を軽減
☆ お客様の利用環境を分析し最適な運用形態・機器のご提案を致します ☆

インターネットVPNとは、便利なローカルエリアネットワーク(LAN)環境をインターネットの仕組みを利用して 遠隔地とも簡易に仮想的LAN環境を実現できる有用な技術です。 弊社は小規模(PC数台)でのインターネットVPN環境の構築を低コストで実現致します。

 《実現機能》  〔例えばこんな事が可能となります〕
  〈遠隔地のネットワークが社内LAN環境と同様に利用可能〉
 ◎ファイル共有
  ○”社内にあるPCのようにネットワークコンピュータとして利用可能”
    国内外を問わず遠隔地のサーバーやPC内のファイル操作が可能
 ◎リモートプリンター(インターネットFAX)
  ○”出力先のプリンターを指定して印刷すれば、FAXの代わりにも利用可能
    しかもFAX通信代は不要”
    ネットワーク上のプリンター(ネットワーク上のパソコンに接続しているプリンター)を
    遠隔地からでも利用可能
 ◎リモートコントロールPC
  ○”遠隔地のパソコンを手元に有るかのように操作可能”(*1)=リモートアクセス
 ◎ネットワーク対応アプリケーションを遠隔地より利用可能(*2)

〈更に機器等を追加すれば下記機能も利用可能〉
 ◎IP電話
  ○自社IP電話環境の構築が可能(*3)
   ●”VPN環境内は内線による通話が可能、外線でも最寄の地域からの発信により
    通話料の効率化が可能”
 《メリット》  〔経済的で強力なセキュリティー〕
  〈経費削減〉
 ◎【初期費用】
  機能要件を満たすルーター機器費用(既存のルーターでも要件(*4)を満たせば追加設定
  のみで利用可能)と設定関連費用のみでOK(*5)
 ◎【運用費用】
  一般にパソコンでインターネットをするのに必要なプロバイダ利用料(*6)でOK(*7)
 ◎運用によりFAX通信費の削減も可能(《実現機能》「リモートプリンター」の項を参照)

〈セキュリティ向上〉
 ◎【セキュリティ】
  最近何かと物騒なインターネット環境を利用していても、Ipsecにより通信内容を暗号化し、
  機密性の高いデータを通信する為、安全です。
 《技術詳細》
  〈導入事例〉
 ◎インターネットVPN環境構築イメージ
 
 ↑クリックすると別ウィンドウにて拡大表示します。
 《要件》
  〈機器〉
 ◎ルーター(IpsecによるVPNトンネル機能附属のもの)
 ◎運用の為のパソコン
 ◎実現に必要な周辺機器

〈環境・設定〉
 ◎インターネットに接続可能な環境が必要です(ADSL以上の回線速度が確保出来る環境
  契約されている内容ではなく実際のご使用環境の回線速度によります。
 ◎各拠点に所定のルーターによるVPN環境の構築が必要です。
 ◎パソコン・周辺機器にネットワーク設定が必要です。

*1…リモートアクセスソフトが別途必要です
*2…クライアント登録の利用可能数の許容範囲内での利用となります
*3…別途『電話交換機』機器及び通信設定業者が必要となります
*4…ipsecによるVPNトンネル機能附属のもの(VPNパススルー)
*5…使用するパソコン、インターネットプロバイダ契約、周辺機器(プリンター等)は別途必要です
*6…ADSL通信回線・光通信回線等の通信速度の契約が必要です
*7…パソコン・ルーター・その他のネットワーク及び通信機器・回線等のトラブル発生時の
   弊社対応の場合は別途作業費用が必要です